ホワイトソックスのダニー・ファーカーが昨日の試合中にベンチで意識を失い、病院に緊急搬送されました。

6回途中に先発のジェームズ・シールズからマウンドを受け継ぎ、2/3回を投げた後の出来事でした。

その時の様子です。救急救命士が対応しています。


そして今日、球団がファーカーについての声明を発表しました。

声明によると、動脈瘤が破裂したことによる脳内出血で、現在は脳神経外科の集中治療室に入っているとのこと。容体は安定しているが予断を許さない状況が続いているということです。

ブルペンやベンチにはファーカーのユニフォームが掛けられ、チームの関係者が回復を祈っています。

ホワイトソックスの3Aのチームや他のメジャー球団からも、ファーカーの回復を祈り、家族を思いやる声が次々と寄せられました。以下はその一部。

ファーカーは、2012年にイチローがマリナーズからヤンキースにトレードされた時の交換相手の1人です。マリナーズでは一時期クローザーも務めました。小柄な体から躍動感のあるフォームで三振を奪う魅力的な投手です。

奥さんと3人の子供のためにも、一刻も早い回復をただただ祈るばかりです。