DaY9PbNU0AAdyEd

昨日は若手投手が活躍しましたが、今日は各球団のエースが素晴らしい投球を披露しました。

ナショナルズのマックス・シャーザーはブレーブス戦に先発。9回102球を投げ、2安打無四球10奪三振で完封。打席ではヒットを放ち、自身初の盗塁も決めました。

10奪三振以上の完封で盗塁も決めたのは1984年のノーラン・ライアン以来。

試合は2-0でナショナルズが勝利し、シャーザーは今季2勝目。ブライス・ハーパーは1打数無安打3四球。ここまでの10試合で.345/.553/.966、6本塁打、16四球、5三振という成績です。

***

インディアンスのコーリー・クルーバーはタイガース戦に先発。8回103球を投げ、2安打1四球無失点13奪三振でした。


打者がスイングしたらボールゾーンに逃げる、見逃したらストライクゾーンに入ってくるという芸術的な投球ですね。

去年の6月1日にDLから復帰して以降の成績は軒並みメジャートップ。

試合は2-0でインディアンスが勝利し、クルーバーは今季初白星です。

***

アストロズのジャスティン・バーランダーはツインズ戦に先発。7回109球を投げ、4安打1四球無失点9奪三振。

投球ハイライト動画はこちらから。
https://www.mlb.com/video/verlanders-seven-shutout-frames/c-1922794683?tid=6479266

この試合もスコアは2-0でアストロズが勝利。ここまで9勝2敗と昨年のワールドチャンピオンが今年も強さを見せつけています。バーランダーは2勝目。

去年の移籍以降、バーランダーはレギュラーシーズンの8試合で7勝0敗、防御率1.20。チームは8戦全勝。ポストシーズンも含めると12勝1敗です。


現在のメジャーリーグを代表する先発投手たちが遺憾なく実力を発揮した今日の試合でした。