34528973534_6a2300b5c6_z

カージナルスが遊撃手のポール・デヨングと6年2600万ドルの契約延長に合意しました。

St. Louis Post-Dispatchによると球団オプションが2年ついていて、8年で5000万ドルをわずかに上回る金額になるということです。

デヨングは2015年4巡目指名の24歳で、昨年5月にメジャーデビュー。108試合で.285/.325/.532、25本塁打の成績を残し、新人王投票で2位に入りました。守備は遊撃でDRS±0、UZR+1.8。

2600万ドルの保証額はサービスタイム1年未満の選手が結んだ契約延長として、ホワイトソックスのティム・アンダーソンの6年2500万ドルを上回り史上最高。

今回の契約延長は、FAまでの6年間を買い取り、球団オプションでFA後の2年間の保有権を確保する形です。

カージナルスの最近の若手打者では、ランダル・グリチック、スティーブン・ピスコッティ、アレドミス・ディアスなど、メジャーデビューしてすぐに活躍したものの、その後は打撃成績が低下するケースが目立っています。

デヨングも昨年は素晴らしい成績を残しましたが、21四球に対し124三振とアプローチに課題を残しており、同じパターンにはまってしまわないかがやや心配です。

とはいえ、守備も問題なく長打力は遊撃手としてトップクラスですから、カージナルスとしてはハイリターンが期待できる割に合った賭けでしょう。

Photo: Keith Allison