MLB公式サイトが「2018年の最高のライバル関係」をランキング形式で紹介する記事を掲載しました。

その中では、1位にヤンキースvsレッドソックス、2位にカブスvsカージナルスなどとなっていますが、ツイッターではファンに対して「次の最高のライバル関係は?」という質問を投稿しています。


これに対しファンからいろいろな回答がありました。


「メッツ投手陣vs故障者リスト」
「故障者リストがいつも勝つからライバル関係とは言えないね」

去年のメッツはデグロム以外全員故障者リスト入りしたんじゃないかというぐらい故障に泣かされました。


「ナショナルズvs地区シリーズ」
2012年からの6年間で4度地区優勝していますが、すべて地区シリーズで敗退しています。今年はハーパー、マーフィーがFAになりますし、なんとか鬼門と突破したいところです。


「オドーアとバティスタ」



「マディソン・バムガーナーとダートバイク」
去年は4月にダートバイクで転倒して左肩を負傷し、17試合の登板にとどまりました。最近のインタビューでバムガーナーは体の状態は最高だと答えているので、去年の分まで頑張ってもらいましょう。


「マーリンズvsマーリンズファン」
この対決は、今のところジーター率いるマーリンズ軍が次々に繰り出す攻撃にマーリンズファンはなすすべなしといった感じでしょうか。


「マーリンズvs最低観客数方針」
実際には、集めなければならない観客数の基準というのはありませんが、もしあったらマーリンズはそれを満たすのはかなり難しそうです。今年のマーリンズパークはどんな雰囲気になるんでしょうね。


「ロッキーズファンとセイバーメトリクス」
これはたぶん本拠地が極端な打者有利の環境のせいで、セイバーメトリクスだと打者の評価が低くなるということだと思います。


「ジャッジのすき間はどこいった?」
これはツイートにある画像のジャッジの前歯からすき間がなくなっていることを言ってるんでしょう。
592450


「デビッド・オルティーズvsブルペンへの電話」


いやーこれはライバル関係というより一方的に破壊されているだけです。何度見ても恐ろしい。


以上、ネタ回答集でした。メッツの故障とかナショナルズの地区シリーズとかは普通に今年の注目ポイントですね。