2014年から2016年までロッキーズでプレーした外野手のブランドン・バーンズが、元チームメイトのノーラン・アレナドをモチーフにした絵を自身のツイッターで公開しました。

DSu1fLFVAAA-Ek_
DSu1fLEVAAA9hnu
DSu1fLDV4AAz6NW

元となったのはこの写真。印象に残っている人も多いと思います。
cut
引用元:MLB.com

昨年6月にサイクルヒットをサヨナラホームランで決めたときのワンシーンでした。左目の上から出血しているのは、祝福のときにブラックモンのヘルメットのつばに当たったからだそうです。



ちなみに全然関係ないんですが、最初にこのアレナドの写真を見たとき自分はドラクエの竜王を思い出しました。
DraconariusMSL

バーンズは左手の手首や足のタトゥーは自分で彫ったそうです。なかなかの強者ですね。

絵といえば、昨年初めて行われたプレイヤーズ・ウィークエンドでは選手たちが個性的なデザインのスパイクを履いていましたが、ヤンキースのディディ・グレゴリアスは自ら絵を描いていました。

移動の飛行機の中で3組のスパイクのデザインを完成させたそうです。

バーニー・ウィリアムスは引退後ギタリストになりましたし、メジャーリーガーにもいろいろな才能の持ち主がいますね。