15855776354_b38c0aec28_z

2018年から2021年にかけて、全部で12シリーズのメジャーリーグの公式戦が海外で行われる予定です。以下が現時点での計画です。

2018年
4月17-18日:プエルトリコ(インディアンス対ツインズ)
5月4-6日:メキシコ(ドジャース対パドレス)

2019年
開幕戦:日本
4月、5月:メキシコ
6月:イギリス

2020年
開幕戦:アジア
4月:メキシコ
5月:プエルトリコorドミニカ
6月:イギリス

2021年
4月、5月:メキシコ
 
***

プエルトリコは昨年9月のハリケーン・マリアで壊滅的な被害を受け、まだ電気が復旧していない地域もあります。試合が行われるヒラム・ビソーン・スタジアムも被害を受けました。現在、ウィンターリーグが電気を使わないデーゲームを中心に、試合数を減らして行われており、4月のインディアンスとツインズの試合も予定通り行われるということです。

対戦する両チームでは、インディアンスのフランシスコ・リンドーア、ロベルト・ペレス、ツインズのホセ・ベリオス、エディ・ロザリオ、ケニス・バルガスがプエルトリコ出身です。

来年日本で行われる開幕戦については、大谷がいるエンゼルスとアスレチックスが有力だという報道が最近ありました。

また、来年6月にイギリス、ロンドンで行われる予定の試合は、ヤンキースとレッドソックスの両チームが有力とされています。

日本での試合はもちろん、ロンドンでの野球の試合がどんな雰囲気になるのかも楽しみです。

Photo by slgckgc