cut

全米野球記者協会の記者による投票で選出される最優秀監督賞が発表され、アメリカン・リーグはツインズのポール・モリター監督、ナショナル・リーグはダイヤモンドバックスのトーリ・ロブロ監督が受賞しました。

ツインズのモリター監督は就任3年目。今季85勝77敗でワイルドカードでのポストシーズン進出。昨年は59勝103敗で、前年100敗以上のチームがポストシーズンに進出したのは史上初の快挙でした。

2位はテリー・フランコーナ(CLE)、3位はA.J.ヒンチ(HOU)でした。獲得票数、ポイント数は次の通り。

FireShot Capture 003 - Torey Lovullo, Paul Molitor win mana
引用元:MLB.com


ダイヤモンドバックスのロブロ監督は就任1年目。昨年の69勝93敗から今年は93勝69敗と一気に躍進。ワイルドカードでポストシーズン進出を果たしました。

2位はデーブ・ロバーツ(LAD)、3位はバド・ブラック(COL)でした。獲得票数、ポイント数は次の通り。

FireShot Capture 2 - Torey Lovullo, Paul Molitor win manage_
引用元:MLB.com

***

MLBのOB会(MLBPAA)が選出するハート&ハッスル賞にはヤンキースのブレット・ガードナーが選ばれました。


今季は151試合に出場し、打率.264、21本塁打、23盗塁、OPS.778の成績。もう34歳ですがスピードが衰えないのがすごいです。一塁への全力疾走とヘッドスライディングはまさにハッスルプレーという感じで、この賞にふさわしい選手だと思います。

***

さて明日はサイ・ヤング賞、明後日はMVPが発表されます。一応、それぞれの予想を書いておきます。

・サイ・ヤング賞
ナ・リーグ:マックス・シャーザー
ア・リーグ:コーリー・クルーバー

・MVP
ナ・リーグ:ジャンカルロ・スタントン
ア・リーグ:アーロン・ジャッジ

特にア・リーグのMVPはジャッジもアルトゥーベもふさわしいだけに難しいところです。投票はポストシーズンが始まる前に完了していることも要注意です。みなさんはどう予想しますか?