2連勝のあとの3連敗で、ディビジョンシリーズ敗退が決まったインディアンス。最初の2戦をインディアンスが連勝したときは、インディアンスがシリーズ突破すると思った人は多かったでしょう。

インディアンスのホセ・ラミレスもそう思っていたはずです。第3戦が行われる日に、ラミレスはこんなことをツイッターでつぶやいていました。

「さあ、このシリーズを終わらせよう」

「インディアンスは今年ヤンキースタジアムで3勝0敗だ。カップケーキ」

このカップケーキの意味がちょっとわかりません。cupcakeは”恋人”みたいな意味があるので、ヤンキースタジアムでの試合は魅力的だ、と言っているのかなと思います。間違っていたら教えてください。

まあとにかくこのツイートを見る限り、2連勝、特に第2戦のヤンキースの負け方からして、もうこのシリーズは勝ったも同然と思っていたんでしょう。

まだ決着はついていないのに余裕を見せてしまったことが、ヤンキースに付け入る隙を与えてしまったのかもしれません。

そして、3連勝で逆転勝ちを収めたヤンキースの公式ツイッターはここぞとばかりに引用リツイートで晒し者にします。

「カップケーキは好きだよ。あとシャンパンもね」

このツイートについたレスを見ると、Aロッドがチャンピオンリングを磨いているGIFや、「もうやめて、ラミレスのライフはゼロよ」的な画像でネタにされていました。

DL6RnC3VAAA5se6

インディアンスが2連勝した時は、ヤンキースがジェイ・ブルースのトレード話でネタにされていたため、その仕返しの意味もあったと思います。

【関連記事】インディアンス、ツイッター上でもヤンキースに無慈悲な攻撃を加えていた

まあとにかく、実際の試合で負けてしまっては何も言い返せません。特にラミレスは22打数2安打とまったく貢献できませんでしたからなおさらです。今ごろ、余計なこと言うんじゃなかったと後悔しているのでしょうか。